尿酸値が高い人はザイロリックで数値改善   >   尿酸値が高くなるのは何故?

尿酸値が高くなるのは何故?

尿酸が蓄積されていく様子のイメージ

痛風患者は尿酸値が高いことで、発症する原因を作っています。そして、ビールを中心にアルコールやレバーなどのプリン体の摂取を控えるよう医師から言われる人がほとんどでしょう。

それは日頃から蓄積している尿酸を、飲酒によって一時的に急増させるので白血球がそれに反応して、尿酸結晶への攻撃を始めてしまう大きなきっかけになってしまうからです。

こうしたことから、日常的な食事からのプリン体の摂取によって尿酸値が上昇してしまっていると勘違いがされやすいのです。

もちろん過剰な偏食で栄養が偏っていて、肉や魚介類ばかりを食べている人は代謝自体が悪くなるので、プリン体の過剰摂取と排出不良によって痛風を引き起こしやすくなります。

しかし、ストレスや激しい運動などの代謝でも尿酸を体内で過剰に産生してしまいます。

そのため、一見関係のなさそうなスポーツ選手などが高尿酸血症や痛風を引き起こしやすいことも分かっています。

私たちの体内で、日々細胞の生まれ変わりがおこなわれていますが、そのときにも細胞の遺伝子を構成しているプリン体が放出されて、分解の後に尿酸へとなるのです。

本来はこのなかで尿酸の産生と体外への排出を、バランスよくおこなうことで尿酸値を安定させています。

また、エネルギー消費に用いられるATPはプリン体の原料にもなります。通常はATPが分解されてもほぼ再利用されて、尿酸へ分解されるのは一部です。

スポーツ選手などのように激しい運動を繰り返す場合は、再利用されずに分解され続けるので尿酸が増加してしまいます。

そして飲酒などの暴飲暴食にも多くのエネルギーが消費されるので、同じことが言えます。

そこにビールや肉・魚介類などのプリン体が多い食べ物の摂取が増えるので急激な尿酸の増加につながってしまうのです。

自身の身体のことを考えていない、無理をさせる生活習慣によって尿酸を過剰産生する上に、尿酸の排出もスムーズにいかないことで尿酸値が高くなってしまいます。

過去に痛風になったことのある方・高尿酸血症と診断されたことがある方はもちろん、そうでない方も今の自分自身の生活習慣を一度見直して、尿酸を蓄積させてしまうようなことが無いか注意しましょう。