尿酸値が高い人はザイロリックで数値改善   >   鎮痛作用は無いザイロリック

鎮痛作用は無いザイロリック

ザイロリックに痛みを抑える作用は無い説明をする医師

痛風治療薬とも言われるザイロリック。有効成分である、アロプリノールという薬が病院処方で痛風患者に処方されることもあります。

しかし鎮痛作用は、無くあくまでも尿酸値を下げる薬として処方されていることを忘れてはいけません。

痛風治療薬だからといって、自己判断で痛みがある間に飲んでしまうと大変な目にあいます。

それは、風が吹くだけでも痛いといわれる関節の痛み(主に足の親指付け根付近とも言われるもの)をさらに悪化させてしまう可能性があるのです。

痛風発作を起こしている時、白血球が尿酸結晶を攻撃して溶かしています。その時に周辺の神経や血管を細かく傷つけてしまうことで赤く腫れあがってしまうのです。

それにも関わらず、ザイロリックを飲んで尿酸値を下げることで結晶が余計に溶け出すと、その痛みが増してしまいます。

そのため、激しい痛みを感じている時は鎮痛剤のみの服用にとどまり、ザイロリックの服用は止めましょう。

痛風の原因となる、尿酸値の上昇を抑えてくれる働きがあるザイロリックは痛みを起こす前もしくは痛みが落ち着いてから服用する必要があります。

このことから、尿酸の産生を抑えて痛風発作を起こさないように働きかけてくれるので、痛風予防薬とも言われます。

もちろん服用を続けることで、尿酸値を下げて尿酸結晶を溶かしていくことにつながるので再発を防いでくれます。

ザイロリック(アロプリノール)には鎮痛作用が無いということについて、処方箋なら医師からの説明はもちろん、通販サイトでも商品説明にきちんと記載はあります。

必ず確認して、間違った服用方法をしないようにしましょう。

正しい飲み方でザイロリックを服用することで、安全に尿酸値を下げることができます。